コアアップデートでseoはどう変わる?

コアアップデート※2なるものが2018年3月、4月、8月と行われたと発表になっています。8/2に大きく順位が動きました。サイトによっては非常に大きく動いたものがありました。

たとえば、美容系やメーカー系のビッグキーワードに対してseoを行っていたものが大きく動きました。

よくよく調査すると、対象サイトにおいて大きく順位が落ちたものは内部コンテンツにおいて6000文字を超すようなコンテンツがなくて、内部対策と称して画像のaltやフッター、パンくずでキーワードを入れこんだものでした。また、ブログの横からのリンクもキーワードが不自然に入るものはNGでした。

つまり、外部リンク、内部リンクを問わずseoの疑いのあるようなものはNGなのです。ただ、コンテンツ量が大きくて信頼性が高いものはこれに該当しないような感じです。では、どうしたらいいのか?怪しげなことはしないことです。

ここで気が付いたのですが、若しかしたら画像の文字をgoogleは読んでいるような気がするのです。だからこそ、altタグの文字との違いがわかるのではないか?と思うのです。普通にやっていれば別に問題はないのですが、昔のseoがそのまま残っているとひどいことになりますので、トップページやターゲットページへのリンクがあるaltには注意して見直して頂く方がいいかもしれません。

これって7年ほど前のTDP(TOP Down Penalty)※1ではないか?と思うのです。コンテンツのボリュームをコンテンツの信ぴょう性などに気を付けてまっとうなコンテンツを作ればいいのです。コンテンツの中身と量についてもう一度よく考える必要があります。

こういっても怪しげなseoをする業者もいますし、コンテンツを増やそうとしないサイト運営者もいます。お金を儲けたくないのなら仕方ありません。昔はそうではなかったと昔話ばかりする方は放置しましょう。

SEOの目的は?

コアアップデートとは

検索順位判定の中核となる仕組み(アルゴリズム)の更新を指します。具体的に何なのか?それは不明です。ただ、これはコンテンツの評価や内部リンク、外部リンクに関わる総合的な仕組みの変更と考えてよさそうです。

より正確にコンテンツを理解するようになり、それに伴いコンテンツ評価の方法を変更しているのでしょう。またリンクについてどの箇所からか、どんなコンテンツページからなのか?多くの要素をどう評価するするのか?を変更しているのでしょう。コンテンツの質、信ぴょう性、専門性を上げることとそれに伴いコンテンツ量増やすことが大切です。また、その際にユーザビリティーを考えたリンクが大切です。

SEOやリスティング広告について。

altタグ

altタグとは画像に対して属性として画像の文字などを指示するためのタグです。属性を示すものですので、画像をより正確に記述することが望ましいと思います。

TDP(TOP Down Penalty)※1

TDPはトップページの順位がある特定のキーワードに対して大きく落ちる減少で、Yahooのアルゴリズムにおいてこの現象が出て、話題になりました。これはTOPページに戻る箇所(フッターリンク、ロゴ、パンくずなど)において意図的にキーワードを入れた場合に発生しやすいものです。

関連

参考

SEOがリスティング広告よりも効果がある理由




株式投資で勝つには?

私は株式投資において次のことを一番に考えています。

  1. 株価が下がることを理解して買い注文を出す。
  2. 売ってしまった株式は気にしない。
  3. 欲が勝ってしまいそうなときは株を売る。
  4. 株式の価格が下がっても死ぬわけではない。
  5. みんなが買いそうな株を買う。

「株価が下がることを理解して買い注文を出す」は一気に買い注文を出さずに複数回に分けて注文をだす。可能であれば日を変えて買い注文をだす。売りは気にせず売り切ることが大切なことがあります。数回に分けて売ることは大切ですが、「やばい!」と思ったら買い板をみて売り切ること。

 

「売ってしまった株は気にしない」はもう持っていないのでいろいろ考えてもしかたありません。

 

「欲が勝ってしまいそうなときは株を売る。」これはもっともっと上がるのでは?と思ったら売り始めるということに徹することが大切であるということです。

 

「株式の価格が下がっても死ぬわけではない」は時として買っても買っても株価が下がることがあります。でも、信用取引をしていなければ全く問題ありません。評価額が下がるだけです。でも大丈夫です。1回ストップ高があれば15%ぐらいは1日で取り戻すことが可能です。20%でも運が良ければ数日あれば問題ありません。必要以上に落胆は禁物です。

 

「みんなが買いそうな株を買う」これは非常に大切です。つまり、テーマ性や株価の位置などが非常に大切だということです。中途半端な銘柄選び、買い注文は命取りになります。命取り??って大げさな?と思いますが、単純に回転が効かなくなって運用のパフォーマンスが落ちる可能性があるということです。

 

日々、ちょっとチェックするだけが私のスタンスです。デイトレーダーではないので、私は「マンスリートレーダー」って言っています。

多くの方が株式投資で儲けているとは思いますが、あまり気にしないようにしています。なぜか?人それぞれの運用法があり、望むパフォーマンスも人それぞれだからです。私は年30%の利益を確実に出すことを目標にしています。別に40%でも50%でもいいのですが、最低でも30%と考えています。

関連




平成30年7月西日本豪雨の義援金

いま、やっと義援金を贈ってきました。日本赤十字には日経新聞経由で義援金を贈ったのですが、どうしても私の故郷の災害復旧の力になりたくて少ないお金ですが送りました。

災害以降ずっと義援金をと思っていたのですが、郵便局に行く機会がなくて遅れなくて心苦しく思っていました。

やはり、私を育ててくれた故郷に何かをしないわけにはいかないと思っていました。これでちょっと気がすっきりしました。

もっと儲かっていればもう少しできたのですが、そうはいかずすいませんって感じです。

私は悪く言えば故郷をすてて都会でビジネスをやっているわけで何も故郷にかえしていないのです。歳をとったらとかもっとお金ができたらとおもってはいるですが、そんなの誰でも言えるので今できることをと思っています。こんなちっぽけなことで何も変わらないこともわかっていますが・・・・

元広島カープの黒田氏や前田健太氏のように1000万円なって到底できません。こんな方を心から尊敬します。いくら稼いでも1万円もできない人もいますし・・・・

誰に育てられたのか?誰に助けられたのか?を考えると一人で勝手に大人になったわけではないとわかるだろう。でも、大人になると自分の力だけで大人になったような気でいる。私も若いころ少しはそう思っていた。この年になっていろいろ考える。


本当は故郷に雇用を生むようなことを少しでもしたいとは思うが何もまだできていない。今後もっと頑張って少しでも夢をかなえられればと思います。

 
 

私はせこいので実現できるかどうかはわかりませんが少しでも実現できればと思います。




平成30年7月豪雨

先週の西日本中心の豪雨が今でも爪痕を残しております。

特に、愛媛、広島、岡山などは本当に多くの被害者がでました。報道の度に心が痛みます。

今日も電話で知り合いの社長から電話があり、広島ではまだ道路が寸断しており、物資が届かず、水、食料が不足しているということでした。

知り合いの社長の実家が広島で、救援物資を持っていこうとしたがいけなかったということで、水とカップ麺をヤマト運輸で送ったがカップ麺だけが届き、まだ水が届いていないとのことです。

水や食料がないということは非常に心配です。今日のネットニュースなどを見てもどうも東京のTVの方、東京の方はあまり興味がないようです。

すべてとは言いませんが、そういう方がいらっしゃるということなのでしょう。

で、私は今日は朝から義援金として少しばかりを振り込んできました。なんの足しにもならないでしょうが、こんな時には少しのことでも違うかなぁと思っています。

私の母の生家の近所も土砂崩れで、何度もTVで報道されました。昔からよく遊んだところなのですぐに分かったのですが、苦しくてしかたないのです。

電話で母にいうとTVは見ないので知らないと言っていましたが、感じでは見たくないということなんでしょう。

より、早い復旧を祈るばかりです。私にできることはないのですが、祈ることはできるのでここ数日祈っています。




株式投資で儲けるって難しい。

7月に入っても小型株(2部、JQ、マザーズ)は完全に撃沈。6月末で底を叩いて反転すると考えていましたが、全く期待外れとなりました。

どうしても小型株は日経平均、TOPICS絡みの年金の運用からの買いがない、または少ないので、下がり始めるとどこまでも下がりますね。

JQの指数をみるともう去年の9月ごろの水準ですので、好業績を中心に買いが入ってもいいようにも思いますが、全く駄目です。

日経新聞などはバイオが全く駄目というような書き方ですが、ほとんどの銘柄はダメです。一部の思惑、材料で上げている銘柄があるだけです。

6月の2週目ぐらいから買い下がりましたが、6月末の時点で力尽きました。7月に入っての下げで、底抜けのような状態です。本当につらいと思います。

私個人的にはもう開き直っています。だって株式投資は仕方ないから。

株式投資は難しいと痛感するこの頃です。

 

株式投資の教訓

今回のことで教訓として以下のようなものを心に留めておきます。

  1. 投資余力を持つか大型の株をある程度持つ必要がある。
  2. 買付は時間的にもう少し分散する。
  3. もう少しリスクに目を向ける。

まあ、そのうち復活するつもりです。きっと。一時期の2割ぐらい減りましたが今までにも何度もあったことなので。

あとは最近の傾向として日経新聞などでも何度も指摘されていますが、PERの高い株に資金が集中しているとうことです。これは成長性を重視していることでもあるので。ROEの高い銘柄で安く放置している銘柄を拾うのがいいと思います。

ROEがそれほどでないものでもテーマとして今から来そうなものでもいいとは思います。

 
 

関連




いつから株式投資を始めたのか?

私は、昔から株式投資をしているのですが、といっても中学生や高校生からというのではなく、大学に入ってからバイトで儲けたお金の一部を投資に回すことから始めました。

それはたったの50万円で、学生としては大金ではありましたが、投資額が小さく、さらにバブルがはじけて日経平均が25000円ぐらいだったと思います。

その当時は四季報(本)を証券会社でみて、そして株式新聞を読んで適当に買っていました。で、何か深い考えは全くなかったのです。

大学卒業後、証券会社に入社したので株式投資を中止し、証券会社を退社後、細々と再開、そして起業と同時に株式投資を放置、その後、事業の不振と投資していた会社(イセキ開発工機)の倒産で投資資金は0円に。

若いころはあまり考えずに投資し、うまくいっていましたが、1社に注中投資したため、倒産により0円となってしまったという経験があります。

投資した会社の倒産までは投資した金額の2倍にはなっていました。

イセキ開発工機が倒産した時、紙屑の株券が届いたのを覚えていますが、縁起が悪いので捨てました。

 

学生時代に話を戻すと、どうして株式投資を始めたのか?バブルもあってお金持ちになるにはどうすればいいのか?と考えた時、起業し、成功するか?株式投資をするのか?不動産で儲けるか?ということが必要と考えました。

そこで、学生なのでとりあえず株式投資ということなのです。その当時の友達の親が大学の時にリクルートを起業した江副浩正さんと同じ大学だったかなんかで江副浩正さんは大学の時からお金儲けばかりをやっていて株式投資もしていたという話を聞いたので、迷いなく開始しました。

その当時江副浩正さんにあこがれていたわけではなく、どちらかというとEIEの高橋治則に興味があったのですが、まあ夢があるなぁとは思っていました。

 

その当時買った株は、三井東圧、日本鍛工、TDF、アマティなどだったと思いますが、あまり覚えていません。

 

大学当時はそこそこ儲かりました。朝、大学に行く途中で証券会社によって買い注文を入れて、2時ごろに証券会社によってということもありました。

数日で2,3万円は儲かるってこともありました。

 

まあ、そうはいっても遊びの延長でした。儲かったお金をどうしたか?は覚えていませんが、使った記憶はないので・・・・

この当時、バブルがはじけてどんどん下がっていく最中でなかなか大変だった記憶があります。

 

まあ、最近では倒産するような株は買っていけない、まじめにしないと最後は負けるということがわかりました。

継続企業の前提に重要な疑義が発生したものは買ってはいけませんし、すぐに処分をすると私の中で決めています。もし、10戦9勝でも残りの1敗が倒産するような株であったらあまり意味がないからです。トータルでいくらの運用パフォーマンスを出すのか?が一番大事でそれに勝率は関係なく、儲けた額だけなのです。

だから私は毎年、いくら運用金額を増やすか?というより、何円儲けることができるか?にこだわってきました。そこには深い意味がもう一つあります。それは運用金額に固執すると株式を売るタイミングを見失うことがあるからです。各銘柄ごとにきっちり売買し、儲けるそれが一番失敗しない方法だとおもいます。

これは銘柄選びにつながるのです。各銘柄を慎重に吟味し、それぞれの銘柄できっちり儲ける。ただ、もし、負けても大負けしないこと、倒産するような銘柄をつかまないことそれに注意するのです。

 

たぶんみんなが知っていることを淡々とこなし続けることが大切です。一喜一憂せず、苦しくなるような銘柄は初めから買わない、確実に儲かる銘柄しか買わないことです。

関連




大地震(大阪北部地震)と事業の覚悟

6/18に大阪で大地震が起きました。本当に怖くて・・・・生まれた一番の恐怖でした。

阪神・淡路大震災を1995年1月17日に経験はしていますが、姫路にいましたので今回よりはましでした。あの時も非常に怖かったことを今回思い出しました。

日々、怖い怖いと生きていますが、同時にちょっと前までseo事業がうまくいかないのでどうしたものか?と考えていたのですが、ちょっと踏ん切りがついたようにも思います。

人生一度なので思い切って生きようということに集中すべきかな?と思っています。なかなか、あれがいい?それともこれ?じゃあどうする?でせこい考えばかりが頭の中でグルグル回っていました。ネットコンサルみたいな仕事を主においていいの?

この地震でせこい考えはやめようと思いました。ちっぽけなお金を追っかけても仕方ないし、そんなもののために生きる、事業を行うのも嫌なんで。

で、何をするって決めたわけではないが、「小さいことは考えずに」とだけ決めました。

昔、起業を行う時にうちの母が言っていた言葉を思い出しました。「男が起業するからには女性のような小さい考えで事業をしたらあかんで」ということです。(女性が小さい考えということではないと思います。)

で、それ以降多くの本を読みながら、事業について再考しております。(とりあえずはネットコンサルは継続)

大阪北部地震では

この地震で弊社は臨時休業となりました。社員が会社にこれなくなったからです。阪急電車、JRが完全に不通になったためです。当日は終日、阪急電車、JRが止まったのですが、それで大阪の街から人がいなくなりました。昼間にはビジネス街では人が少なく、多くの飲食店が休業で、救急車、消防車だけが忙しく走り回っていました。

なんか、映画の一シーンのように感じました。映画のシーンの中に自分がいる感じです。本当に不思議な体験でした。会社で一人で仕事をしていたのですが、いろいろ頭の中をいろいろな思いがぐるぐる回りました。特別な一日でした。




株式投資による6か月の運用実績

運用を始めて6か月がたちました。どれくらいのパフォーマンスがでたのか?

こんな感じです。

まあ、まあです。といったら怒られるかもしれませんが、うまくいった部類でしょう。

30%以上のパフォーマンスとなっていますが、これが続くわけではないと思います。今までの株式投資経験からありえないでしょう。

これはデートレーダーとして運用したわけではありません。ほぼ、マンスリートレーダーです。(ウイークリーでもありません。)毎日数回見る程度ということになります。日によっては株価を一回も見ないこともあります。

この株式投資というのはどうしても相場に依存しますので、相場がいいとき、言い換えると株価がどれも上がっている時は誰がやっても儲かるのです。逆に相場が悪いときは、信用取引で売りを立てない限りほぼ勝てないでしょう。

私はその相場が悪いときに売りを立てずに評価損を減らすか?それが運用をうまくするかどうかを左右すると考えています。

本当に株式投資は難しいと日々思います。また、自分の下手さを痛感することが多々あります。ネットには儲けた話がいっぱいですが、私はまだまだと戒めています。

株式投資で一番大切なことそれは負けないことです。負けをいかに減らすか?それに尽きるかもしれません。相場が悪くても負けない、それが理想。

また、後日、株式投資においてどうして負けを減らすことが大切か?を投稿します。

情報商材や株式セミナーなどがありますが、私は一度もそんなものは参考にしておりません。ネット上ではだれだれがつぶやいたとか投資顧問が・・・などがいっぱいなのでこのような情報は見ないようにしています。

私はどれが上がるとか下がるとはいうつもりはありません。なぜか?まったくわからないからです。自分のルールで黙々と運用するのみ可能な限り精神を落ち着かせて運用する。それが一番大事だと思います。

関連




ここ数年での一番の失敗(seo&株式投資)

それは、ここ数年seo事業で苦戦してきたにも関わらずにアルファベットに投資しなかったことです。

普通に考えたら、seoがうまくいかないとリスティング広告が増えるのでアルファベットの業績が上がる可能性が高いと考えるべきだとわかっていながら株式投資をしなかったことです。

どうしてアルファベットの株を買わなかったのか?それはあとづけですが、アメリカの会社であるため、為替リスクや独占禁止法などのリスクがあると考えていたからです。

考えていたというよりは、そう思い込んでいた。それはそのうちseo事業がうまくいくと思っていて、それを信じるならアルファベットを買わないと言い聞かせていたのかもしれません。

アルファベット株を買わないことでseo事業が上向くと思いたかったのかもしれません。

思い入れは大事ですが、冷静に判断することは同じくらい大事であると今思います。特に、株式投資においてはです。

アルファベットの株価は4年で2倍となっているので失敗したかもと思ったのですが、たった2倍と考えるとそれはそれでよかったと思うことにしましょう。

株式投資ではそう思うことは非常に大切だと考えていて、投資しなかったことをああだこうだと後悔することはよそうをおもいます。

(私の持っている端数の株式でパルタックをみると4倍以上になっているのでしれているとは思います。)

アルファベットとは

アルファベットは2015年にGoogle Inc.とグループ企業の持株会社です。アメリカの多国籍コングロマリットでナスダックに上場しております。

alphabet、Facebook,amazonをアメリカのアメリカの3大IT新興企業と呼ぶ方もいます。この4社は非常に急成長をしており、時価総額も右肩上がりとなっているが、アップルが最近勢いがなくなってきています。

alphabetが成長したのはgoogleのビジネスモデルがすごいこと、そしてカリスマ経営者エリック・シュミットによるところが多いと考えています。

googleのビジネスモデルはラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリンによるところが大きいと思いますが、大きくなるにはエリック・シュミットは欠かせなかったと思います。

関連




昔のseoとはどんなもの?

昔のseoとはどんなものだったのか?覚えていますか?(愛覚えていますか?ではない。)

日本においてYahooの利用率が非常に高く、Yahooでのseo対策が必要でした。googleでなく、Yahooでのseoだったのです。

(その当時、翻訳系などはgoogleでのseoでコンバージョンが出ていた記憶があります。)

 

何が違ったのか?それはYahooは独自にカテゴリーごとのディレクトリ登録サービスを持っていました。そのサービスを利用したサイトを優先的に順位をあげていました。この登録サービスの料金は一般が50,000円だったと思います。出会い系やアダルト、美容系は高く設定されていました。

このディレクトリサービスの登録のされ方で順位が決まっていたのでノウハウ商売だったのです。それも1回きりの。

だれでもそのノウハウがあればseo事業ができたのです。

アルゴリズムもYahoo独自のものを利用していました。私はこちらが得意でした。というのはペイドリンクを利用せずテクニックで順位が上げられたからです。

また、googleの順位はページランクの高いサイトから被リンクがあり、タグなどの強調で順位が上がりました。サイトのコンテンツ量は重視されていませんでした。

そのため、被リンクの売買が横行し、googleが取り締まるということがありました。

どうにかseo事業が儲かったのはこのあたりまでです。それ以降はコストがかかりすぎて私はあまりもうからなかったと記憶しています。

SEOの目的は?

 

その後

Yahooの検索結果がgoogleのアルゴリズムを利用することになりました。そうするとgoogleのアルゴリズムを攻略すればほぼすべての検索で上位に表示されるようになりました。

これは一石二鳥の側面もあったのですが、ダメな場合は箸にも棒にもかからないという状況になりました。それはそれでいいのですが、AIを利用したgoogleのアルゴリズムになるとseoの難易度が急に上がってきました。

 

AIの出現前にはペンギンアップデート、パンダアップデートなどというものがあり、多くのseo業者がこれをうたい文句にバンバン営業をしていました。

このあたりからseo業者が淘汰され始めました。その原因は被リンクのみの仕組みでは上位に表示されなくなったからです。また、被リンクに対するgoogleの取り締まりが厳しくなったのです。

 

これ以降はご存じのとおりの状況です。

 

SEOやリスティング広告について。

関連