SEOや集客を考えるならスマフォ対応、原稿追加、WordPressの導入、どれを優先すべきか?

お客様から、SEOや集客を考えるなら①スマフォ対応、②原稿追加、③WordPressのどれを優先すべきか?という質問を貰った。

それぞれの費用はほぼ同じであった。あなたならどうしますか?私はSEOや集客というのもあるのですが、費用として考えると順番を間違うと費用が大きく違ってくるかもしれませんよ。という話をさせてもらいました。

それはどういうことか?というと②原稿追加をした後で、WordPressの導入となると原稿の追加費用が違うと思うのです。もしかしたら減るかもしれません。

また、②原稿追加した後で、サイトをスマフォ対応する場合、手間も違うと考えます。そう考えるとまずはスマフォ対応、そしてWordPressの導入、そして原稿追加となるでしょう。

WordPressの導入によってもしかしたら、コンテンツ追加、原稿追加のコストが下がるかもしれません。

サイトの完全リニューアルでない場合の優先度

私としてはサイトの閲覧者のユーザビリティの改善、そしてコンテンツ追加のしやすさの向上が大切と考えています。

現在のGoogleのSEOにおいてはユーザビリティ改善、モバイルフレンドリーは必須であり、さらにコンテンツ量、質は重要なのです。そう考えると長い目でみてサイトをマイナーチェンジしていくといいと思います。

あとはサイトの内部対策においてもWordPressの導入ですべてが一括で修正できるようなメリットもあります。そうでなく、使い勝手が悪くなる場合も少しはありますが、便利になることが多く、WordPressの導入は考えておくといいでしょう。

Google SEOを考えるなら

上にも書きましたが、GoogleでのSEOを考えるならGoogleが望むような施策をすることは大切です。それはモバイルフレンドリーであったり、価値のあるコンテンツの創作であったりします。

そしてコンテンツの重要度を考えたナビゲーションなのです。それはユーザビリティ改善ともいいかえれます。

どのページを見てもらいたいのか?どんなコンテンツを見て欲しいのか?そして利用者は何を知りたいのか?を考えたサイト作りが今のGoogleのSEOなのです。

Google SEOを考えたコンテンツは?

それは本当に知りたい情報が網羅されていることが必須で。さらにはオリジナリティのあるコンテンツであることが望まれる。そしてより詳しく、コンテンツの内容によっては専門性の高いもの、信ぴょう性の高い情報が望まれる。

いろいろなサイトで紹介されている商品の販売元であって、その詳しい情報があれば、勝手にコンテンツの評価により順位が上がります。そして、そのコンテンツを利用していると書かれることでも評価が上がります。

ネット空間だけでなく、ビジネスを考えながらコンテンツを作ることが大切です。

Googleのページランク理論は生きている

SEOと文章理解