Googleのページランク理論は生きている

最近の弊社の実験で分かったことがあります。Googleのページランク理論がいまでも生きているのではないか?ということです。ここで言っているのは当然ですが、当初のものではなく、改良されたものです。ただ、今、被リンク以外の外部要素を利用していることはわかっています。

昔のように被リンクが外部対策のすべてというのではなく、それ以外にも多くのことを考慮していて、被リンクは外部対策の中の一部であるということです。

そして、ここでいうのはページランクの統計的な考え方が生きていることです。

ただ、どこまで重要なのか?どこまで考慮する必要があるのか?ということですが、これはSEOに関連する人によって考え方が異なるでしょう。

私はあくまでも研究者目線で試した実験では被リンクに関する考え方は大事であると実感しました。

重要なページはどんなページか?ということを探し当てるためにはページランクが利用されているということなのです。

目次

  1. SEOにおいて何に注意すべきか?
  2. SEO的評価を上げるため以外の外部対策の被リンクの意味
  3. GoogleのSEOにおける被リンク以外の外部対策とは?

SEOにおいて何に注意すべきか?

Googleの基本は何が重要なページであるのか?ということを被リンク(正確に言うと外部サイト)とコンテンツから判断しているのですが、ここでは被リンクだけに絞って書きます。被リンク以外のことも評価基準なのですが、わかりやすくするためにここでは被リンクだけについて書きます。

被リンクを調べることでどこにどれくらい投票されている、支持されているかを調べています。多くの被リンクがあることが支持されていると認識し、評価を上げているのです。そう考えると被リンク、内部リンクにおいてリンクがされていない、少ないページはあまり評価されていないのです。

そう考えると内部リンクのナビゲーションがどれくらい大事かわかると思います。言い換えるとナビゲーション、内部リンクこそがSEOの肝なのです。コンテンツが少ないと内部リンクなんて話も意味がありません。だからコンテンツが大切なのです。

サイトにおいて当然、内部リンクには意味があります。重要なページには内部リンクが多いはずです。それは内部リンク、外部リンク同じです。そう考えると本当にみんなに知ってもらいたいページに本当に内部リンクは適切に配置されているだろうか?

もし、そうでないなら評価されるはずがありません。

ページの評価を上げるには評価されたいページの内部リンクがどうなっているのか?を考え、ナビゲーションを考えることが大切なのです。

SEO的評価を上げるため以外の外部対策の被リンクの意味

上に書いた話とは少し変わりますが、被リンク対策の意味はページの重要度の指標というだけではありません。それはみんなが知っていて、忘れがちなGoogleのインデックスにために必要なクローラーの誘導路なのです。被リンクがないとなかなかGoogleのクローラーがやってきません。

そして、Googleでは「Google がサイトをクロールする頻度をユーザー側で変更することはできませんが、サイト上の新しいコンテンツや更新したコンテンツを Google にクロールさせたい場合は、再クロールをリクエストすることができます。」と記述しているのです。つまり、新しいコンテンツや大幅な更新をしない限りクローラーは来ないのです。

Googleのクローラーについての記述

つまり、更新しない、コンテンツ追加しない場合は被リンクが細い(少ない)場合はあまりクローラーが来ない可能性があるのです。そうするとインデックスされないページが増えるのです。意識してコンテンツの追加、更新をしているとそれはそれほど問題がないとは思います。

また、サーチコンソールでサイトマップをアップしているから大丈夫と思うかもしれませんが、それだけではクローラーがインデックスしてくれるわけではありません。より高確率でインデックスされるためには被リンクは重要な要素なのです。

ページの重要度を測る指標としてだけでなく、クローラーの誘導のために必要なのです。これは何を言いたいのか?というと被リンクはもう必要ないというのは間違いで、ある程度は必要だということなのです。それは投稿した記事、コンテンツをより早くインデックスさせるためにということです。

GoogleのSEOにおける被リンク以外の外部対策とは?

ちょっと話を変えます。それは被リンクはGoogleの検索アルゴリズムにおいて評価を下げてきたということで何をしたら順位が上がるのか?外部対策として何をすればいいのか?ということです。

外部対策としてに限定するとより多くの方にその該当ページの商品、サービスを知ってもらうことなのです。ある商品を紹介しているページの評価を上げるにはその商品をより多くの方に知ってもらうことなのです。

弊社の実験では該当商品紹介サイトをより多くのサイトで紹介されると順位が上がっています。言い換えるとリアルビジネスの延長が今のSEOの外部対策ということになるのです。この紹介というのは被リンクがないものを言っています。被リンクはどうでもいいのです。

SNSなどので多くのサイトで紹介されると順位が上がりやすいのです。その即効性については検証できていません。しかし、少なからず効果があるのです。

被リンクばかりに目を向けずに真っ当なビジネス展開をすると必然的にある程度は順位が上がります。そのためにはまずはホームページを作成し、コンテンツを充実させることが必要です。

SEOと文章理解

SEOが昔と一番変わったことは何なのか?それはコンテンツの評価の精度が上がったと言われています。Googleのクローラーが取得したデータを基に各々のサイトの各ページを理解しているのですが、それの理解が上がったということです。

そのページに何が書いてあるのか?ということ、そしてそれらのページをすべてGoogleが管理して、整理し、理解しているのです。そうすることでこれは正しいこと、また信頼度の高い情報ということがわかるのです。

1ページ、1ページを理解しているとそれぞれぞれのことに注目しがちですが、他のサイトの同じようなページの情報との比較やその情報の価値、信ぴょう性、信頼度を管理しているのです。そう考えると今のGoogle検索で、「1月1日 誕生日 芸能人」と検索した結果などをみるとどれくらいGoogleが情報を整理し、管理しているのか?がわかります。

こうなるとSEOとしてコンテンツを作る際の信ぴょう性なども評価されるので文章理解が進めば進むほど、SEOはやりにくいということになります。

目次

  1. 文章理解がSEOに与える影響
  2. リアルビジネスがSEOに影響を及ぼす?

文章理解がSEOに与える影響

では、文章理解がSEOに与える影響は何なのか?それは嘘の情報は完全に見抜かれるため、SEOとしてのコンテンツには適さない。また、文章理解が進んだことで、よく似た情報をGoogleが比較していると考えられるので、オリジナリティを出す必要がある。

オリジナリティや特殊性を正確に理解するため、コンテンツを作成するのに時間がかかります。また、機械によるコンテンツ作成は完全にばれます。逆にコンテンツとして質の高いものは高く評価されるため、関連するキーワードでの順位が上がりやすくなります。

また、商品やサービス名に関する情報をGoogleが取得したすべてのサイトから評価されるため、商品、サービスに対する信頼度も測られてしまいます。つまり、商品、サービスがよくないものはSEOで順位を上げようとしても難しくなります。

リアルビジネスがSEOに影響を及ぼす?

リアルビジネスで知名度のある商品、サービスはネット空間でも知名度があるというのが普通です。そうなるとリアルビジネスでの知名度がネット空間でも知名度になり、信頼度になるのです。そうなるといろいろなサイトで紹介されているような商品、サービスは信頼度が上がるのです。

そうなるとGoogleのガイドラインで書かれた「E-A-T」のようなものを満たすようなコンテンツにおいてそこに書かれた商品、サービスの評価があがり、商品、サービスが属するカテゴリーのキーワード検索において、メーカーサイトの順位が上がってしまうのです。

それに被リンクは関係ありません。紹介しているサイトではなく、メーカーのサイトの順位が上がるのです。紹介しているサイトはより信頼度の高いサイトが順位を上げます。

SEOの目的はアクセスアップ?

SEOの目的は何なんですか?SEO会社やホームページ制作会社やコンサルタントの中にはきっと「アクセスアップ」という方が多くいるに違いないと思います。

確かにそうかもしれません。アクセスアップは目標の一つだろう。本当にお客様がしたかったことは何なんだ?それはきっと見込み客を取ることであったり、売り上げを上げることであったはずだ。

もしかしたらブランディングできればいいという企業もあるかもしれません。

「アクセスアップ」というのは見込み客を獲得すること、売り上げを獲得することに必要な要素ではあるがすべてではありません。そう考えるとこのようなコンバージョン獲得は一番の目的であると考えられます。

とするならSEOももっとコンバージョン獲得、売り上げを考えたものでないといけないはずです。ということはSEOのキーワード選びは検索回数や上位表示のしやすさで選びすぎではないか?と。

SEOとコンバージョン

今一度、SEOやリスティング広告のキーワードをコンバージョン獲得や売り上げアップの視点で精査することをお勧めします。このようなキーワードの精査だけでなく、ホームページのコンテンツももう一度考える必要があるでしょう。

一般的にはこのような話はホームページのリニューアルの度に行うものと考えられているかもしれませんが。通常の作業として時々行うのが正しいでしょう。ただ、SEOの場合は頻繁にキーワード変更を行うとそのための施策、内部リンクの調整などが大変なことになるのです。

当然ですが、大きな作業を必要とするのでSEOの費用やホームページの修正費用が発生します。それが嫌だというのであればそれはそれで次回のホームページのリニューアル時にすればいいとは思います。

このことを知っているか知らないか?は実は大きな差になるのです。ホームページのリニューアルは何年というスパンですので思ったような結果がでなくても目先の費用に縛られて何もできなくなるからです。

「SEO会社目線での話はもううんざりなんだよなぁ。」という声が聞こえてきそうです。SEOやリスティング広告でうまくいく方法は日々、アクセスデータやコンバージョンデータを基に数値解析をすることです。

このような作業をCEO、執行役員である方がアクセスデータをチェックし、専門的ではなくても直感的に確認しているような方もいます。多くの場合でそのような方は成功しています。

あなたは何を考えてホームページを作り、集客を行いますか?

参考

SEOがリスティング広告よりも効果がある理由